アンドロイドアプリにボタンを追加する

プログラミング

前回作った何もしないアプリに、ボタンを置いてクリックイベントの処理を実装していきます。

初めてなので失敗するかも。

ボタンを置いてクリックイベントの処理を実装する

レイアウトファイルを開く

左のプロジェクトツリーリストから、[content_main.xml]を開きます。

開き方は、左のプロジェクトツリーリストから、Android > app > res > layout > content_main.xml の順で選択していくと開けます。

実際のファイルは[D:\Ailtinav00\app\src\main\res\layout\content_main.xml]にあります。

レイアウトにボタンを追加する

パレットの中から Button を見つけ出して、デザインに追加を押します。Button にフォーカスを合わせて Enterキーでもよさそうです。どちらでもお好みでどうぞ。

左上にボタンが追加されます。

メイン処理が書いてあるファイルを開く

メイン処理が書いてあるファイル[MainActivity.java]を開きます。

開き方は、左のプロジェクトツリーリストから、Android > app > java > tokyo.noitalog.ailtinav00 > MainActivity.java の順で選択していくと開けます。

実際のファイルは[D:\Ailtinav00\app\src\main\java\tokyo\noitalog\ailtinav00\MainActivity.java]にあります。

ボタンのクリックイベントリスナーを書いてみる

コピペで済ましてもいいんですが、あえて実践ぽく説明します。

キャレットをこの辺りに移動させて、数回エンタキーを押して書けるスペースを用意します。

先程のレイアウトからボタンのインスタンスを取得する処理です。

findViewById(R.id.button1)

button1は、レイアウトにボタンを乗せたときに勝手に振られるので、自分の環境と合わせて下さい。

そのままピリオドを打つと、次に入力する候補がサジェストされるので、その中から setOnClickListener を探します。

ダブルクリックするとソースコードに反映されます。

カッコ内にキャレットを合わせて、new と打ちます。

そのまま続けて、半角スペースを打って、Ctrl + スペースキーを押します。

また最適なサジェストが出てくるので、View.OnClickListener が選択されていることを確認してエンタキーを押します。

ボタンのクリックイベントを書く雛形が出来上がります。素晴らしい!

ボタンを押したらアラートダイアログが出るようにしてみる

ダイアログが表示される処理を追加します。

public void showDialog() {
    AlertDialog.Builder builder = new AlertDialog.Builder(this);
    builder.setMessage("アラートメッセージ");
    builder.setPositiveButton("閉じる", new DialogInterface.OnClickListener() {
        @Override
        public void onClick(DialogInterface dialog, int which) {
            dialog.cancel();
        }
    });
    Dialog dialog = builder.create();
    dialog.show();
}

ボタンを押した時に、ダイアログが表示される処理を呼び出すようにします。

実機に転送して確認してみましょう

前回と違い、左上にボタンが増えていることが分かります。

ボタンを押したらアラートダイアログが確認できます。

もちろん、閉じるを押したら消えます。

終わりに

今回は、ボタンを押したときにアラートダイアログが出る処理を追加しました。

成功です!!

次は本命の、Firebase を実装してみたいと思います。

初めてなので失敗するかも。でもがんばります。

タイトルとURLをコピーしました