ASP.NET Core 3.1 と SQL Server を使って Webアプリ を作成する

追加・更新・削除 の確認 アプリ開発

マイクロソフトのチュートリアル通り進めると「映画の情報を管理するアプリ」が完成します。

チュートリアル: ASP.NET Core の Razor Pages の概要
このチュートリアル シリーズでは、ASP.NET Core で Razor ページを使用する方法を示します。 モデルの作成、Razor ページのコードの生成、Entity Framework Core と SQL Server を使用したデータ アクセス、検索機能の追加、入力検証の追加、移行を使用したモデルの更新の方法...

こいつを読み解きながら、作成して行こうと思います。

前提条件

  • Visual Studio 2019

Visual Studio を使って作業して行くので、事前に使えるようセットアップしておきましょう。

  • Docker Desktop

今回は Docker システムを使ってみたいのでインストールしておきます。SQL Server も Webアプリ も Docker 上で動作させます。ちょっとカッコいい。

プロジェクト作成

まず初めに Webアプリケーション のプロジェクトを作成します。

Visual Studio を実行し「新しいプロジェクトの作成」を選択します。

新しいプロジェクトの作成

プロジェクトのテンプレートに「ASP.NET Core Web アプリケーション」を選択し「次へ」ボタンを押します。

ASP.NET Core Web アプリケーション

プロジェクト構成を確認して問題がなければ「作成」ボタンを押します。

新しいプロジェクトを構成

下記のようにアプリケーションを設定し「作成」ボタンを押します。

  • フレームワーク:.NET Core
  • フレームワークバージョン:ASP.NET Core 3.1
  • プロジェクトテンプレート:Web アプリケーション (モデル ビュー コントローラー)
  • 認証:なし
  • HTTPS構成:チェックあり
  • Docker サポート:チェックあり
  • Docker サポート OS:Linux
  • Razor runtime:チェックあり
Web アプリケーション (モデル ビュー コントローラー)

プロジェクトの作成が出来たら「デバッグの開始」ボタンを押して、正常に動くことを確認します。

デバッグの開始
正常に動くことを確認

モデル作成

映画を管理するクラスを作成します。

また、モデルクラスは Entity Framework Core (EF Core) を使ってデータベースを操作します。EF Core は、データアクセスをする マッパー なので簡単に 追加・更新・削除 の機能を実装することができます。

「Models」フォルダを選択し、マウスの右クリック を押します。

モデル作成

コンテキストメニューから「追加 -> クラス」を選択します。

「追加 -> クラス」を選択

名前を「Movie」に変更し「追加」ボタンを押します。

「追加」ボタンを押す

Models フォルダ内に Movie のクラスファイルが追加されました。

Movie のクラスファイル

Movie クラス に 下記プロパティを追加します。

using System;
using System.ComponentModel.DataAnnotations;

namespace WebApplication1.Models
{
    public class Movie
    {
        public int ID { get; set; }
        public string Title { get; set; }

        [DataType(DataType.Date)]
        public DateTime ReleaseDate { get; set; }
        public string Genre { get; set; }
        public decimal Price { get; set; }
    }
}
プロパティを追加

スキャフォールディング

次に、今作った Movieモデル を スキャフォールディング します。

スキャフォールディング を実行すると、Movieモデル の 作成・読み取り・更新・削除 ページが自動生成されます。

まず「Controllers」フォルダを選択し、マウスの右クリック を押します。

Controllers フォルダを選択

コンテキストメニューから「追加 -> 新規スキャフォールディングアイテム」を選択します。

追加 -> 新規スキャフォールディングアイテム

新規スキャフォールディング アイテムの追加で「Entity Framework を使用したビューがある MVC コントローラー」を選択し「追加」ボタンを押します。

Entity Framework を使用したビューがある MVC コントローラー を選択

「Entity Framework を使用したビューがある MVC コントローラー の追加」画面の設定をしていきます。

まず「モデル クラス」に「Movie (WebApplication1.Models)」を設定します。

Movie (WebApplication1.Models) を設定

次に「データ コンテキスト クラス」の 「+ (プラス)」ボタンを押して、データ コンテキストの追加をします。

特に変更せず「追加」ボタンを押します。

追加ボタンを押す

最後に下記設定をして「追加」ボタンを押せば、スキャフォールディング が実行されます。

  • ビューの生成:チェックあり
  • スクリプト ライブラリの参照:チェックあり
  • レイアウト ページを使用:チェックあり
スキャフォールディング を実行

NuGet のインストールがあるので少し時間はかかりますが、下記ファイルが作成されれば成功です。

  • Controllers -> MoviesController.cs
  • Models -> Movie.cs
  • Views -> Movies -> Create.cshtml
  • Views -> Movies -> Delete.cshtml
  • Views -> Movies -> Details.cshtml
  • Views -> Movies -> Edit.cshtml
  • Views -> Movies -> Index.cshtml
下記ファイルが作成されれば成功

接続文字列の修正

次の工程に進む前に、接続文字列の修正をします。

先程の スキャフォールディング で「appsettings.json」に 接続文字列 が追加されました。

appsettings.json の接続文字列
"ConnectionStrings": {
  "WebApplication1Context": "Server=(localdb)\\mssqllocaldb;Database=WebApplication1Context-030d89c3-89e1-46f0-a903-ed108a831360;Trusted_Connection=True;MultipleActiveResultSets=true"
}

今回は SQL Server につなぐので 下記に修正します。

"ConnectionStrings": {
  "WebApplication1Context": "Data Source=localhost;Initial Catalog=WebApp1;User ID=SA;Password=<YourStrong!Passw0rd>"
}

データベース作成

今回使う データベース を作成しておきましょう。

データベース作成

テーブルは次の工程で作成されますが、データベースは無理なのです。ちょっと残念。

自動テーブル作成

移行 SQL 作成

次に、今作った Movieモデル の移行 SQL を自動生成させます。

テーブル作成 SQL が自動生成されるので、楽ちんですよ。

「ツール」>「NuGet パッケージ マネージャー」の順で パッケージ マネージャー コンソール (PMC) を開きます。

パッケージ マネージャー コンソール

開いた パッケージ マネージャー コンソール に下記コマンドを入力して 移行 SQL を作成します。

Add-Migration InitialCreate
Add-Migration InitialCreate

プロジェクト内に「Migrations」フォルダが作られて、そのフォルダ内に 2つ の 移行ファイルが出来上がります。

移行ファイルが完成

自動テーブル作成

出来上がった移行ファイルを実行して、テーブルを作ります。

パッケージ マネージャー コンソール に下記コマンドを入力すると、テーブルが作成されます。

Update-Database
Update-Database
テーブルが作成された

ちなみに「dbo.__EFMigrationsHistory」はテーブルの移行履歴です。

モデルクラスを変更して、再度自動生成をした時に変更分だけが更新されるようになっているので、安心です。

動作確認

映画の情報を管理するアプリ が完成したので、実際に動かして動作確認をします。

デバッグ実行をして「https://localhost:32770/Movies/」にブラウザからアクセスすると、今回作成したページが表示されます。

動作確認

追加・更新・削除 も問題なく動きます。

追加・更新・削除 の確認

SQL Server に接続出来ない時は?

Docker の SQL Server を使っている場合、下記エラーが表示されるかもしれません。

An unhandled exception occurred while processing the request.
SqlException: A network-related or instance-specific error occurred while establishing a connection to SQL Server. The server was not found or was not accessible. Verify that the instance name is correct and that SQL Server is configured to allow remote connections. (provider: TCP Provider, error: 40 – Could not open a connection to SQL Server)

サーバーが見つからなかったか、アクセスできませんでした。

対処方法を下記にまとめたので修正します。

接続文字列の修正

エラーの原因は Docker上の SQL Server につなげれないためです。

Docker は DNSサーバー を有しているので IPアドレス を指定してあげないと つなぐことが出来ないみたいです。

How to connect to SQL Sever docker container from another container?

How to connect to SQL Sever docker container from another container?
I have pulled and run SQL Server 2017 container image using the following command: docker pull microsoft/mssql-server-linux docker run --name mssql -e 'ACCEPT_...

これに気づかず躓いたので気をつけポイントですね。

まず、SQL Server の コンテナ名を調べます。

Docker Dashboard にあるコレが SQL Server の コンテナ名 ですね。

Docker Dashboard でコンテナ名確認

次に、下記コマンドで Doker コンテナー の ネットワーク ID を調べます。

docker network ls
docker network ls

そして「bridge」の Network ID を コピーし、下記コマンドを実行します。

docker network inspect 74b39dcb7346
docker network inspect 74b39dcb7346
"Containers": {
    "00e2d51c7b8adc1697c95c8b7bf5a28d49141489ece06083c6e15aba7149436d": {
        "Name": "silly_engelbart",
        "EndpointID": "8f5f1a8a9cca8f0312a17ff564ffdb16de69766932abfa2344c798d5b4aec1d1",
        "MacAddress": "02:42:ac:11:00:03",
        "IPv4Address": "172.17.0.3/16",
        "IPv6Address": ""
    },
    "f926042848b093be6004e1c721191ab43dd678486416953a7b2ae07ad8bcf7cc": {
        "Name": "WebApplication1",
        "EndpointID": "6c3d11c0c77ebd79c8c3c1c34447cbc1d0c7f5aa84e4fcc640b62cf9353301da",
        "MacAddress": "02:42:ac:11:00:02",
        "IPv4Address": "172.17.0.2/16",
        "IPv6Address": ""
    }
},

「Containers」の中にある「IPv4Address」 が Docker上 IPアドレスになります。

あとは「appsettings.json」の「ConnectionStrings」を修正して完成です。

"ConnectionStrings": {
  "WebApplication1Context": "Data Source=172.17.0.3;Initial Catalog=WebApp1;User ID=SA;Password=<YourStrong!Passw0rd>"
}

終わりに

SQL を一切書かずに 追加・更新・削除 の処理が作れたのに驚きました。

見た目はシンプルですが最低限の機能が備わっているので、あとは肉付けしていくだけですね。

Docker コンテナー になっているので、保守やメンテナンス・移行も簡単かもしれません。

Linux 上で展開できるのも魅力的だと思いました。

GitHub

今回作ったプロジェクトを置いておきました。よければどうぞ。

noitaro/aspnetcore-3-1-web-app-created
Contribute to noitaro/aspnetcore-3-1-web-app-created development by creating an account on GitHub.

参考

チュートリアル: ASP.NET Core の Razor Pages の概要
このチュートリアル シリーズでは、ASP.NET Core で Razor ページを使用する方法を示します。 モデルの作成、Razor ページのコードの生成、Entity Framework Core と SQL Server を使用したデータ アクセス、検索機能の追加、入力検証の追加、移行を使用したモデルの更新の方法...
タイトルとURLをコピーしました