アプリ開発

アプリ開発

WPF アプリケーションの多重起動を禁止する

C# でアプリケーションの多重起動を禁止するコードを紹介します。 環境 WPF App .NET Core 3.1 使い方 App.xaml.cs の OnStartup関数をオーバーライドして、下記のコー...
アプリ開発

WPF 画面のスクリーンショットを取得する

幅と高さを指定してスクリーンショットを取得する事が出来ます。 using System.Drawing; using System.Drawing.Imaging; using System.IO; using System.Win...
アプリ開発

繰り返し処理を行うヘルパークラス

まず、通常の処理 Httpリクエストをして結果を返すだけの処理。 using System; using System.Net; using System.Net.Http; using System.Threading.Ta...
アプリ開発

WPF WebView2 ローカルファイルを読み込む

WebView2 でローカルファイルを読み込んで、WPFとWebView2でデータの受け渡しを試してみました。 完成形 Blocklyでビジュアルプログラミングをして、JavaScriptを実行してみました。フッター部で Bl...
アプリ開発

WPF WebView2 特定のサイトのみを表示する

WebView2 を使うと、ページ遷移時のリクエスト情報を見る事が出来ます。 なので、その時に遷移して欲しく無いページだった場合キャンセルをすれば、ページ遷移せずに今のページに踏みとどまる事が出来ます。 関連記事 WPF...
アプリ開発

WPF WebView2 開いたページの画像を自動保存する

WebView2 を使うと、開いたページのレスポンス情報を取得する事が出来ます。 レスポンス情報にはHTMLのURLや、画像、Javascript、CSSなど、ホームページに必要な色々なものが流れてくるので、その中から画像のみを自動...
アプリ開発

WPF WebView2 自動ログインを作る

WebView2 を使うと、C#側から Javascript を挿入する事が出来るので、開いたページを Javascript で操作出来ます。 関連記事 WPF WebView2 を試す 目標 ログインボタンを押し...
アプリ開発

WPF WebView2 を試す

WebView2 を使うと、Windowsアプリ に HTML、CSS、JavaScript を埋め込むことができます。 web で培った技術を Windowsアプリ に活かす事が出来るので、とっても魅力的だと思っています。 環境 ...
アプリ開発

OpenCV のテンプレートマッチングを使ってぷよを識別する2

ガッーっと、何も考えずに作ってしまったので、ソースがスパゲッティ状になってしまいました。 リファクタリングしながら、機能追加をしていたので、今回は鈍足になります。 申し訳ないです!! 今回の目標 上下左右に繋がって...
アプリ開発

OpenCV のテンプレートマッチングを使ってぷよを識別する1

ぷよクエを自動化してみようかなっと思って、ちょっとだけプログラムしてみました。 Android を 自動操作する方法は知ってるので、「どこのぷよを消すか」のアルゴリズムを作っていこうと思います。 こんなの作ります ...
タイトルとURLをコピーしました