Cheat Engine のインストール手順

How To

インストールに手こずったので、備忘録します。

スポンサーリンク

ダウンロード

公式サイトの「Download Cheat Engine」からダウンロード

インストール

インストールの手順を間違えると、不要なアプリがインストールされてしまいます。

適当にボタンを押さないことを推奨いたします。

まず、ダウンロードした実行ファイルを開き、

インストール時の言語は「English」に変更、

ここは「Next」を選択、

ここは「Skip All」を選択。

間違えて「Accept」を選択してしまうと McAfee がインストールされてしまうので気をつけましょう。

ちなみに翻訳してみると、

By clicking "Accept" you agree to McAfee's End User License Agreement and Privacy Policy and to the installation of McAfee WebAdvisor.
「同意する」をクリックすると、McAfee のエンド ユーザー ライセンス契約とプライバシー ポリシー、および McAfee WebAdvisor のインストールに同意したことになります。

Go To "Add/Remove Programs" to uninstall.
「プログラムの追加と削除」に移動して、アンインストールします。

間違って McAfee をインストールしてしまったら、アンインストールして下さいね。書いてありました。

インストールできない

多分、ここで警告が表示されると思います。

こんなのや、

こんなのが。

Cheat Engine には、コンピューターウイルスも使っているメモリスキャナーが搭載されているので、このような警告が表示されます。

ですが Cheat Engine は、秘密裏にメモリーを書き換えないのでウイルスではありません。

リアルタイム保護をオフ

一時的にリアルタイム保護をオフにします。

「設定 > プライバシーとセキュリティ > Windows セキュリティを開く」の順で選択し、

「ウイルスと脅威の防止 > 設定の管理」を選択し、

リアルタイム保護をオフにします。

再インストール

今回のインストーラーはこれで止まってしまうので、タスクマネージャーから「タスクの終了」をして、

再度インストーラーを実行します。

リアルタイム保護をオフにしてインストールすると、問題なくインストールすることができました。

タイトルとURLをコピーしました