Chrome リモート デスクトップ を使って Linux Mint に接続する

How To

Chrome リモート デスクトップ を使って Linux Mint に接続する個人的メモです。

前提

  • Linux Mint をインストール済みであること。

Chrome ブラウザ をインストール する

Linux Mint で Chromeブラウザダウンロードページ を開いて「Chrome をダウンロード」ボタンを押下。

Chrome をダウンロード

「64 ビット .deb (Debian/Ubuntu 用)」にチェックを入れて「同意してインストール」ボタンを押下。

64 ビット .deb (Debian/Ubuntu 用)

「GDebi パッケージインストーラー」を選んだ状態で「OK」ボタンを押下。

GDebi パッケージインストーラー

Google Chrome の「パッケージをインストール」ボタンを押下。

パッケージをインストール

ユーザのパスワードを入れて「認証する」ボタンを押下。

パスワードを入れて「認証する」ボタンを押下

追加ソフトウェアのインストールが必要な場合があります。その場合は「続行」ボタンを押下。

追加ソフトウェアのインストール

こんな画面が出れば、Google Chrome のインストール完了。

Google Chrome のインストール完了

起動方法は、左下のメニューから「全てのアプリケーション > インターネット > Google Chrome」の順番に選択して、起動させる事が出来ます。

全てのアプリケーション > インターネット > Google Chrome の順番に選択

初回起動時「Google Chrome を既定のブラウザにする」にチェックを入れて「OK」ボタンを押下。

Google Chrome を既定のブラウザにする にチェック

Chrome リモート デスクトップ をインストール する

続いて Chrome の リモート デスクトップ をインストールします。

先程インストールした Chrome で「https://remotedesktop.google.com/」を開く。

「リモート アクセス」をクリック。

リモート アクセス

Google にログインしていない場合はログインをする。

Google にログイン

ログイン後、リモートアクセスの設定から ダウンロードボタンを押して、Chrome リモート デスクトップ をダウンロードする。

Chrome リモート デスクトップ をダウンロード

Chrome リモート デスクトップ ツールのダウンロード中に、Chrome ウェブストア の 拡張機能「Chrome Remote Desktop」が表示されるので「Chrome に追加」ボタンを押下。

Chrome Remote Desktop

権限の確認が出るので「拡張機能を追加」ボタンを押下。

拡張機能を追加ボタンを押下

拡張機能「Chrome Remote Desktop」のインストールが終わったら元の画面に戻り、

「リモートアクセスの設定」のボタンが変わっているので「同意してインストール」ボタンを押下。

同意してインストールボタンを押下

「ダウンロードしたファイルを開く」か確認が出るので「はい」ボタンを押下。

ダウンロードしたファイルを開く

Google Chrome Remote Desktop の「パッケージをインストール」ボタンを押下。

パッケージをインストール

ユーザのパスワードを入れて「認証する」ボタンを押下。

認証する

追加ソフトウェアのインストールが必要な場合があります。その場合は「続行」ボタンを押下。

追加ソフトウェアのインストール

こんな画面が出れば、Google Chrome Remote Desktop のインストール完了。

Google Chrome Remote Desktop インストール完了

元のブラウザに戻って、表示用の名前を入力して、

表示用の名前を入力

リモート接続時に入力する PIN を入力して、

PIN を入力

ユーザのパスワードを入れて「認証する」ボタンを押下して、

認証する

こんな画面になれば完了。

Windows や タブレットから リモート接続することが出来る

Windows や タブレットから リモート接続することが出来るようになりました。

Chrome リモート デスクトップ の設定を変更する

このままでもいいのですが、少し設定を変えると使い勝手が格段に向上します。

今のままでリモート接続をすると、新規に仮想デスクトップが立ち上がってしまいます。

新規に仮想デスクトップが立ち上がる

こんな感じで リモート接続をすると、まっさらになってしまいます。

なので、少し設定を変えてあげます。

Chrome Remote Desktop を停止させる

修正する前に、Chrome Remote Desktop を停止させます。

ターミナルに下記コマンドを入力すると Chrome Remote Desktop を停止させることが出来ます。

$ /opt/google/chrome-remote-desktop/chrome-remote-desktop --stop
Chrome Remote Desktop を停止

chrome-remote-desktop ファイルを修正する

ファイルマネージャから「ファイルシステム > opt > google > chrome-remote-desktop」のディレクトリまで移動して、

ファイルシステム > opt > google > chrome-remote-desktop

ファイル > Open as Administrator を選択して、ファイルマネージャを管理者権限に変更します。

ファイル > Open as Administrator

管理者権限にしないと、ファイルを編集することが出来ないのです。

警告画面が出るので「OK」ボタンを押下して,

警告画面が出るので「OK」ボタンを押下

ユーザのパスワードを入れて「認証する」ボタンを押下すると、

管理者権限のファイルマネージャが開きます。

ファイルマネージャ に管理者権限があると「スーパーユーザ」と表示されます。

スーパーユーザと表示される

「chrome-remote-desktop」ファイルを選択して、右クリックから「開く」を押下。

chrome-remote-desktopを開く

「表示する」を押下して、テキストエディタで開きます。

表示する

108行目

「chrome-remote-desktop」ファイルを3箇所修正して行きます。

FIRST_X_DISPLAY_NUMBER = 20
を
FIRST_X_DISPLAY_NUMBER = 0
FIRST_X_DISPLAY_NUMBER

451、452行目

while os.path.exists(X_LOCK_FILE_TEMPLATE % display):
display += 1
をコメントアウト
コメントアウト

750、751行目

def launch_session(self, x_args):
  self._init_child_env()
  self._setup_pulseaudio()
  self._setup_gnubby()
  self._launch_x_server(x_args)
  self._launch_x_session()
を
def launch_session(self, x_args):
  self._init_child_env()
  self._setup_pulseaudio()
  self._setup_gnubby()
#  self._launch_x_server(x_args) ← コメントアウト
#  self._launch_x_session() ← コメントアウト
  display = self.get_unused_display_number() ← 行追加
  self.child_env["DISPLAY"] = ":%d" % display ← 行追加
行追加

3箇所の修正が終わったら、保存をして完了。

保存をして完了

Chrome Remote Desktop を起動させる

再度 Chrome Remote Desktop を起動させます。

$ /opt/google/chrome-remote-desktop/chrome-remote-desktop --start
Chrome Remote Desktop を起動

これで、リモート接続をしても新規の仮想デスクトップは立ち上がらずに、今ログインしているユーザを引き継ぐことが出来ます。

参考

タイトルとURLをコピーしました