Cocos2d-js 製のゲームを GitHub ホスティングサービスで公開する

Cocos Creator

Cocos Creator で作った Cocos2d-js 製のゲームを、GitHub のホスティングサービスで一般公開するテストです。

GitHub はバージョン管理システムですが、ホスティングサービスもやっています。

プライベートリポジトリだと、ホスティングサービスは使えないので、パブリックで一般公開することになるけど、お試しなら問題ないよね。

あと、ゲームといっても 「Hello, World!」だから許してね。

Cocos2d-js を Web 用にビルドする

プロジェクトを作成

元が無いと始まらないので、まず初めに Cocos Creator でプロジェクトを作成します。

今回も、Dドライブの直下に作成です。本当は衛生的に良くないけど我慢です。

Web 用にビルド

何も手を加えないで、Web 用にビルドします。

今回の目的はゲームの作成じゃなくて、GitHub Pages を使って一般公開だからね。

メニューから Project > Build の順で選択して、ビルド画面を表示する。

Platform を、Web Mobile に変更する。

んで、右下の Build ボタンを押すと、Web 用にビルドされたファイル群が作成されます。

Web 用なんで、htmlやjsファイルで構成されていますよ。

プラットフォームを Android にしてビルドしたら、APKファイルが作れるし、Windows にしてビルドしたら、EXEファイルが作れるので、クロスプラットフォーム対応の Cocos Creator は偉大ですね。

出来上がった web-mobileフォルダの中身を Web サイトにアップロードしたら、完成です。

公開用の GitHub Pages を作成する

GitHub にリポジトリを作成

左側の Create a repository をクリックする。

リポジトリ名と公開範囲を設定して Create repository をクリックする。

公開範囲は Public を選択して下さい。

そうしないと、GitHub Pages が使えません。

GitHub Pages でゲームを一般公開する

Cocos Creator で Web 用にビルドした、Cocos2d-js 製 のゲームファイル群をアップロードします。

ゲームファイル群をアップロード

GitHub公式ページから、ファイルをアップロードするページを開きます。

uploading an existing file. のリンクをクリック

Drop to upload your files のエリア内に web-mobile フォルダ内のファイルを全て入れます。

ファイルのアップロードが終わったら、下の Commit changes ボタンをクリックしてリポジトリに反映させます。

GitHub Pages の Source を master branch に変更

ゲームファイルをアップロードしただけでは、まだ動きません。

設定を公開設定に変えましょう。

Settings をクリック

GitHub Pages の設定までスクロールして、Source を master branch に変更します。

これで、ゲームの一般公開ができました。

実際にブラウザで開いて見てみましょう。

URL は GitHub Pages の設定までスクロールすると表示されています。

私の場合は、https://noitaro.github.io/vlady/ で公開されました。

終わりに

いかがだったでしょうか?

Cocos Creator でゲームを作ると簡単に公開出来ちゃいますね。

クロスプラットフォーム対応なので、APKファイルにして、Android の Play ストアで公開したり、EXEファイルにして、パソコンで遊んだりと、いろいろな環境で動かすことができます。

いままでだと、動作環境に合わせてプログラム言語を選択していたのが、一つのプログラム言語で作ることが出来ます。

そんなこんなで、なにかゲームを作っていけたらなと思っています。

がんばるぞい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました