Huawei P9 に TWRP を入れる

Huawei P9

前回、Huawei P9 の Bootloader を Unlock しました。

HUAWEI P9 の Bootloader を Unlock する
2019年10月の現在では、Huawei の公式サイトで デバイスのブートローダー解除コードを取得することができません。もっと早くにブートローダー解除コードを取得していればと、悔やんでいます。今は有料になって、お金を払わな...

その続きで、カスタムリカバリーの TWRP を入れます。

標準のリカバリーだと出来ないけど、カスタムリカバリーを入れることで Root化 や CFW を入れることが出来るようになります。

準備

必要なファイルを揃えます。

と言っても Huawei p9 の EMUI 5.0.1 に対応している TWRP をダウンロードするだけです。

簡単です。

403 Forbidden

こちらのサイトから「twrp-3.1.1-1-eva.img」をダウンロードします。

手順

Huawei p9 と パソコンを USB で繋ぎます。

下記コマンドを投げて、ブートローダーモードで再起動させます。

./adb reboot bootloader

ブートローダーモードで起動したら、下記コマンドで TWRP を書き込みます。

./fastboot flash recovery twrp-3.1.1-1-eva.img

これで TWRP の書き込みが終わったので、端末を再起動させます。

その後、下記コマンドで TWRP に入れるかテストします。

./adb reboot recovery

無事に入れることが確認出来たので、おしまいです。

終わりに

今回は、パソコンからコマンドを投げて TWRP に入りましたが、Huawei p9 の場合、TWRP に入る方法が若干違いました。

  1. 電源が切れている状態で、電源ボタン+音量大ボタンを長押しする。
  2. Huawei ロゴが表示されたら、2つのボタンを放す。

これを知らずに、何回も電源切ったり入れたりして、苦労しました。

分かってしまえば簡単ですね。

タイトルとURLをコピーしました