神様のパラドックス

読書記録
神様のパラドックス〈上〉 (ハルキ文庫) | 機本 伸司 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで機本 伸司の神様のパラドックス〈上〉 (ハルキ文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。機本 伸司作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また神様のパラドックス〈上〉 (ハルキ文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
神様のパラドックス〈下〉 (ハルキ文庫) | 機本 伸司 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで機本 伸司の神様のパラドックス〈下〉 (ハルキ文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。機本 伸司作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また神様のパラドックス〈下〉 (ハルキ文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

あらすじ

アプラDT社にアルバイト入社した井沢直美。

直美は、航空機搭載の量子コンピューターで、占い・カウンセリング事業に携わることになったが、占い事業は頓挫した。

だが量子コンピューターを使って「神」を作り起死回生を狙う。

果たして、人間に神を作り出すことはできるのか!?

機本伸司 渾身のSF長篇。

感想

量子コンピューターが主軸に書かれており、それを取り巻く人間模様も良かったと思います。

結局、量子コンピューターを使って、世界をシュミレーションしようが、AIを使って神になろうとしようが、この世界は思い通りに行かないみたいですね。

この作品に出てくる「ネオ・ピグマリオン」は、機本伸司 の他の作品にも出てきます。

時系列としては「神様のパズル」→「神様のパラドックス」→「パズルの軌跡 穂瑞沙羅華の課外活動」の順番となっています。

2008年に刊行された作品ですが、10年以上たった2019年でも、未だに量子コンピューターは実用化されていないです。

おわりに

感想文って難しいんですよね。

昔から嫌いでした。

でも、少しでも「読んだよ」って残したほうが自分のためになるんじゃないかなと思い、簡単ですが文章にしました。

まあ、私の嫌いな異世界転生もない、学園ハーレムもない。

とっても、真面目ないい作品だと思います。

時間つぶしに読むんじゃなくて、量子コンピューターとか、少しでも興味があれば楽しめる作品なんじゃないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました