君死にたもう流星群2

読書記録

君死にたもう流星群2』(きみしにたもうりゅうせいぐん2)

Amazon.co.jp: 君死にたもう流星群2 (MF文庫J) eBook: 松山 剛, 珈琲貴族: Kindleストア
Amazon.co.jp: 君死にたもう流星群2 (MF文庫J) eBook: 松山 剛, 珈琲貴族: Kindleストア

あらすじ

前代未聞の人工衛星テロ『大流星群』。

そこで命を落とした天野河星乃を救うため、平野大地は八年前の世界にタイムトラベルする。

星乃を狙う謎の悪意エウロパを撃退し、望む未来に近づいた大地。

だが、過去を改変した結果、親友たちの運命までも変えてしまう。

涼介と伊万里が結ばれるはずだった運命は分岐し、医者になるはずだった涼介は高校に意味を見いだせず自主退学を決意する。

そんな中、人工衛星の消失事件が相次ぎ、そこに網膜アプリの開発者『六星衛一』が登場、さらには『天野河星乃』を名乗る、成りすましSNSアカウントも現れ――。

感想

君死にの2巻目です。

今回は、あんまり見せ場が無くて、平野大地が淡々と日常生活をこなしている感じがしました。

命がけのイベントはあるものの、共感しづらい。

過去改変に魅力を感じない。

タイムリープの意味がない。

ヒロインが萌えない、魅力がない。

読み進めるのが苦痛でした。

個人的にはハズレですけど、もしかしたらこの先何か変わるかも知れない期待を抱いて、続きを読みたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました