labelImg を使って ツムツム を アノテーション(ラベリング) をする

アプリ開発

ディズニー ツムツム を自動化したいので機械学習に挑戦してみます。初めて初心者!!!

まずツムツムとは、2014年に配信されたスマホのゲームで、「ツム」と呼ばれるディズニーキャラクターをなぞってつなげて消していくパズルゲームのことを言います。

ツムの種類は300種類以上で、画像認識(OpenCV)でツムを識別しようと思ったんですが、向きとか大きさが変わるので断念しました。

いろいろ調べてみると、先人の方が機械学習で自動化に成功していたので、私も見様見真似でやってみることにしました。

はじめに

AIは、1を10にするのは得意でも、0を1にするのが苦手なため、人間が正解例を与えないと思うように成長できません。

なので、アノテーション(ラベリング) という作業を人間が行って、教師データを作成します。

アノテーション を楽にできるツールが labelImg というものです。

準備

labelImg

tzutalin/labelImg
🖍️ LabelImg is a graphical image annotation tool and label object bounding boxes in images - tzutalin/labelImg

windows_v1.8.1.zip

アノテーションデータ

アノテーションするために使う画像。

今回は、ツムツムのプレイ中にスクリーンショットを撮って、パソコンに転送しておきました。

100枚ほど。多ければ多いほど精度が上がるけど、その分作業量も増えるからほどほどに。

使い方

適当なフォルダに解凍して、実行プログラム(labelImg.exe) を起動させます。

「Open Dir」で画像フォルダを選択します。

「Create RectBox」を押して、ラベル付けするものを囲います。

ラベル名を入力して完了です。

あとは、ひたすらラベル付けをしていきます。

おわりに

今回は、labelImg を使って アノテーション(ラベリング) のやり方について説明しました。

一通りのアノテーションが終わったら、機械学習で精度を上げていきます。

ではでは。

タイトルとURLをコピーしました