Makefile から実行ファイルをビルドする方法

How To

私的に初めてだったので備忘録します。

必要なファイルを揃える

Cygwin

シグウィンと読みます。UNIX の gcc を使ってビルドしたかったので入れました。

こちらから「setup-x86_64.exe」をダウンロードします。

Cygwin

インストール

ダウンロードした「setup-x86_64.exe」を実行してインストールします。

インターネットから必要なファイルをダウンロードしてきます。

どのユーザーでも使えるようにするため、Cドライブの直下にインストールします。

インターネットからダウンロードした必要なファイルを保存するディレクトリを指定します。このファイルがあれば、次回からインターネットに繋がなくてもインストールできます。

プロキシは無いので一番上を選択。

必要なファイルをどのサイトからダウンロードするかを指定します。繋がらなかったり遅かったりする場合は別のサイトを指定します。

今回は gcc を使ってビルドしたいので「gcc」や「make」と検索して必要なファイルを絞り込みます。

Viewを「Category」にし、Searchに「make」を入れて、All > Devel を開きます。

私の場合はインストールしちゃってるのでスクリーンショットが違いますが、「Skip」になっているプルダウンを開いて、最新のバージョンを選択して下さい。

「gcc-core」も同様に。

インストールするパッケージを選択したら後は、支持に従って進めればOKです。

環境変数にパスを追加

「make」コマンドを使えるようにするため、環境変数のパスに Cygwin の binフォルダを追加します。

システムの「システムの詳細設定」を選択し、

システムプロパティの「環境変数」を選択し、

ユーザー環境変数の「Path」を選択し「編集」ボタンを押下、

一番下に、Cygwin の binフォルダを追加します。今回は Cドライブの直下にインストールしたので「C:\cygwin64\bin」を追加しました。

これで Makefile から実行ファイルをビルドする準備がととのいました。

ビルドする方法は、Makefile があるフォルダをコマンドプロンプトで開いて「make」と入力すればOKです。

タイトルとURLをコピーしました