スマホやスイッチで マインクラフトJavaエディション をプレイする

Geyser logo 雑記

マインクラフトには Bedrock Edition または 統合版 と呼ばれているエディションと、Java Edition と呼ばれている2つのエディションが存在します。

  • Bedrock Edition(統合版)
  • Java Edition

その2つのエディションは見た目やゲーム性は同じですが、一緒にマルチプレイをする事が出来ません。

理由は多々あるのですが簡単にまとめると、Java Edition の方が新機能をいち早く開発し実装しており、Bedrock Edition は Java Edition の機能を取り込んで開発しているため、どうしても相容れない関係となってしまった見たいです。

なので Java Edition と Bedrock Edition は一緒にマルチプレイをする事が出来ないのです。

Geyser

今回の Geyser を使えば マインクラフト Bedrock Edition で マインクラフト Java Edition の住まうサーバーに接続して一緒に遊ぶ事が出来るので紹介します。

Geyser はプロキシの役目をして Bedrock Edition と Java Edition のギャップを埋めてくれます。つまり、擬似的にクロスプラットフォームを作り上げているのです。Bedrock Edition のパケットを全て Java Edition 用に変換している凄いやつなのです。

マインクラフト Java server への接続する流れ

ただ開発途中なのでまだ未実装な部分があり、完全動作は保証出来ません。

Geyserには何個か種類があります。ここでは サーバープラグインバージョンのGeyser-Bukkit と スタンドアロンバージョンのGeyser-Standalone を紹介します。

  • Geyser-Bukkit(サーバープラグイン)
  • Geyser-Standalone(スタンドアロン)

サーバープラグインバージョンはその名の通りサーバーに直接インストールできます。スタンドアロンバージョンは、単体で実行します。機能は同じです。

マインクラフトサーバーに Geyser-Bukkit が入っていれば、プレイヤーは特別な事をしなくても Javaサーバーにログインする事が出来ます。しかしマインクラフトサーバーに Geyser-Bukkit が入っていいない場合、自分で Geyser-Standalone を用意しないと Javaサーバーにログイン出来ません。

どうやってやるの?

サーバープラグインバージョン

自分自身が マインクラフト Javaサーバー を動かしている場合は、サーバープラグインバージョンの Geyser を入れるだけです。

マインクラフト Javaサーバー に Geyser-Bukkit を入れる

公式サイト の Download をクリックして、ダウンロードページに行きます。

公式サイト の Download をクリック

最新成功ビルドの「Geyser-Bukkit.jar」をダウンロードします。

「Geyser-Bukkit.jar」をダウンロード

あとは、マインクラフト Javaサーバーの「plugins」フォルダに入れてサーバーを起動すれば完了です。

マインクラフト Javaサーバーの「plugins」フォルダに「Geyser-Bukkit.jar」を入れる

マインクラフト Java サーバーを立ち上げて、Bedrock Edition でログイン出来るか確認します。

マインクラフト Java サーバーを立ち上げる

このようなログが出てれば問題なく動作しています。

[Geyser-Bukkit] Enabling Geyser-Bukkit v1.0-SNAPSHOT
[Geyser-Bukkit] Loading Geyser version 1.0-SNAPSHOT (git-master-d0c95d3)
[Geyser-Bukkit] Missing locale file: en_us
[Geyser-Bukkit] Started Geyser on 0.0.0.0:19132
[Geyser-Bukkit] Done (2.836s)! Run /geyser help for help!

ゲーム内で サーバー名、サーバーアドレス、ポートを入力します。

  • サーバー名:java server(適当)
  • サーバーアドレス:192.168.0.8(JavaサーバーのIPアドレス)
  • ポート:19132(変えて無ければ)
サーバー名、サーバーアドレス、ポートを入力

そうすると、サーバーが追加されて Javaサーバーにログインすることが出来ます。

Javaサーバーにログイン

スタンドアロンバージョン

Geyser が入っていない Javaサーバー に遊びに行く場合は、スタンドアロンバージョンの Geyser を挟んであげる必要があります。

スタンドアロンバージョンの Geyser を挟む図

公式サイト の Download をクリックして、ダウンロードページに行きます。

今度は「Geyser.jar」をダウンロードします。

「Geyser.jar」をダウンロード

ダウンロードが出来たら 1回実行します。そうすると「config.yml(コンフィグファイル)」が作られます。

Geyser.jar

実行方法は、下記をコマンドプロンプトで実行するとよいです。

java -Xmx1024M -Xms1024M -jar Geyser.jar nogui

コマンドプロンプトを開くのが面倒くさい場合は、エクスプローラのアドレスバーにコピペして エンターキー を押すとコマンドプロンプトが起動しますよ。

java -Xmx1024M -Xms1024M -jar Geyser.jar nogui

1回実行すると「config.yml」が作られます。

1回実行すると「config.yml(コンフィグファイル)」が出来る

この「config.yml」ファイルを編集して、接続先の Java server を変更します。同じPC内で Java server が動いている場合は変更しなくても大丈夫です。

接続先の Java server を変更するには「remote」セクション内を変更します。

  • address: 接続先の Java server の IPアドレス
  • port: 接続先の Java server の ポート番号
  • auth-type: 接続先の Java server の 認証タイプ
「config.yml」ファイルを編集

この 3つさえ正しく設定して上げれば、どの Java server にも Bedrock Edition でログインする事が出来ます。

マインクラフトサーバーの認証を飛ばしてログイン

Java server に遊びに行くけど Java Edition のアカウントを持っていない場合は、マインクラフトサーバーの認証を飛ばしてログイン出来るようにしましょう。

サーバープラグインバージョン

pluginsフォルダに「floodgate-bukkit.jar」を入れます。

pluginsフォルダに「floodgate-bukkit.jar」を入れる

「floodgate-bukkit.jar」は こちら のサイトからダウンロード出来ます。

GeyserMC/Geyser
A bridge/proxy allowing you to connect to Minecraft: Java Edition servers with Minecraft: Bedrock edition. - GeyserMC/Geyser

「Download」をクリックし、

「Download」をクリック

「floodgate-bukkit.jar」をダウンロードします。

「floodgate-bukkit.jar」をダウンロード

「plugins」フォルダに「floodgate-bukkit.jar」を入れたら、一回サーバーを起動して「config.yml(コンフィグファイル)」を作ります。

次に、サーバー側でマインクラフト認証をスキップするように変更します。

サーバーフォルダにある「server.properties」ファイルをテキストエディッタで開き「online-mode」を「false」に変更
サーバーフォルダにある「server.properties」ファイルをテキストエディッタで開き「online-mode」を「false」に変更

次に「Geyser-Bukkit」フォルダの「config.yml(コンフィグファイル)」を開いて、認証をスキップするように変更します。

「Geyser-Bukkit」フォルダの「config.yml(コンフィグファイル)」をテキストエディッタで開き「auth-type」を「floodgate」に変更
「Geyser-Bukkit」フォルダの「config.yml(コンフィグファイル)」をテキストエディッタで開き「auth-type」を「floodgate」に変更

これで サーバーを起動すれば、Java Edition のアカウントを持っていなくても、ログインする事が出来ます。

スタンドアロンバージョン

スタンドアロンバージョンでやる場合は、サーバーから「public-key.pem」ファイルを貰わないと出来ません。

「public-key.pem」ファイルを貰ったら「Geyser.jar」と同じ階層に置きます。

「public-key.pem」ファイルを「Geyser.jar」と同じ階層に置く

その後「config.yml(コンフィグファイル)」をテキストエディッタで開き「auth-type」を「floodgate」に変更すれば、ログインする事が出来ます。

タイトルとURLをコピーしました