Nexus7(2013) に LineageOS 19.0 を入れる

How To

今年もこの季節がやってきました。

Android 12 が発表されて早半年。Nexus7(2013) に対応したので、今年もサクッと導入してみたいと思います。

スポンサーリンク

はじめに

LineageOS 19.0 は、Android 12 ベースのカスタムROMのことです。

Nexus7(2013) は、Google製の Androidタブレットで、発売当時は Android 4.3 が搭載されていました。公式では Android6.0.1 が最後のアップデートになってしまったのですが、有志の方々があの手この手を使って Android 12 (LineageOS 19.0) までアップデートできるようにして下さいました。

ホントありがとうございます。

環境

  • Windows 10 Home 21H1

準備

まず必要なファイルをかき集めます。

LineageOS 19.0

[ROM][flo|deb][UNOFFICIAL][LineageOS 18.1/19.0] -> 2021-12-12 | XDA Forums

こちらから「lineage-19.0-20211212-UNOFFICIAL-flo.zip」か「lineage-19.0-20211212-UNOFFICIAL-deb.zip」をダウンロードします。

お手持ちの Nexus7(2013) が Wi-Fiモデルの場合は「flo」、LTEモデルの場合は「deb」をダウンロードして下さい。

LineageOS 19.0 のダウンロード

私が持ってる Nexus7(2013) は Wi-Fiモデル なので「lineage-19.0-20211212-UNOFFICIAL-flo.zip」をダウンロードしました。

「lineage-19.0-20211212-UNOFFICIAL-flo.zip」をダウンロード

BiTGApps

Google Play も使いたいので BiTGApps もダウンロードします。

Nexus7(2013) は ARM版 に対応しています。

ARMをクリック

「Files」をクリックしてから「BiTGApps-arm-12.0.0-R44_signed.zip」をダウンロードします。

「BiTGApps-arm-12.0.0-R44_signed.zip」をダウンロード

パーティションサイズ変更スクリプト

LineageOS 19.0 のシステム容量は 1275MB なので、Nexus7(2013) にインストールするためにシステムパーティションを拡張する必要があります。

今回のスクリプトで システムパーティションを1380MB、キャッシュパーティションを20MBに変更させます。

こちら の「sysrepart_1380_20.zip」をクリックし、

「sysrepart_1380_20.zip」をクリック

Googleドライブから「sysrepart_1380_20.zip」をダウンロードします。

「sysrepart_1380_20.zip」をダウンロード

TWRP

久しぶりに カスタムROM を入れようとしたら TWRP が起動しなかったので、ついでにやっちゃいます。

こちら の Download をクリックし、

TWRPのDownload

自分の端末に合った TWRP をダウンロードします。私の Nexus7(2013) は Wi-Fiモデル なので「twrp-3.5.2_9-0-flo_followmsi.img」をダウンロードしました。

「twrp-3.5.2_9-0-flo_followmsi.img」をダウンロード

手順

必要なファイルが揃ったので、早速作業に取り掛かります。

TWRP

TWRP が起動しなかったので、まず TWRP のインストールからします。起動する方は飛ばしてもらって大丈夫です。

まず FASTBOOTモードで起動させます。

電源が切れている状態で「電源ボタン+音量下ボタン」を長押しするか、PCと端末をUSBケーブルで繋いで下記コマンドを入力することで FASTBOOTモード を起動させることができます。

adb reboot bootloader
FASTBOOTモードを起動

しばらく待つとこんな画面になります。

fastboot モード

この画面で下記コマンドを入れると TWRP をインストールすることができます。

fastboot flash recovery D:\Nexus7\twrp-3.5.2_9-0-flo_followmsi.img
TWRP をインストール

FASTBOOTモードで端末が認識されない場合は?

デバイスマネージャーで Android に警告マークが付いていると FASTBOOTモード が認識できていません。

ほかのデバイス

こちら記事 を参考にしてドライバーをインストールして下さい。

システムパーティションの拡張

システムパーティションを拡張させます。

ちなみに今の状態はこんな感じ、システム830MBですかね。これじゃあ入らないわ。

adb shell df -h
今のパーティション状態

まず TWRP を起動させ、TWRPメニューの「Mount」をタップします。

「Mount」をタップ

マウントしていないパーティションがあったらマウントさせます。

パーティションのマウント

マウントが出来たらホームボタンを押して TWRPメニュー画面に戻っておきましょう。

TWRPメニュー画面

そして下記コマンドで端末に「sysrepart_1380_20.zip」を転送します。

adb push D:\Nexus7\sysrepart_1380_20.zip /sdcard/
ファイルの転送

スクリプトの転送が終わったら、TWRPメニューの「Install」をタップし、

「Install」をタップ

転送しておいた「sysrepart_1380_20.zip」をタップします。

「sysrepart_1380_20.zip」をタップ

「Swipe to confirm Flash」を右にスワイプして、スクリプトを実行します。

「Swipe to confirm Flash」を右にスワイプ

実行中はこんな感じで、下のバーが動いています。スクショだと分からないですが…

インストール中

エラーなく終わればこんな表示になります。「Reboot System」をタップして一度再起動させます。

インストール成功

再度コマンドで確認してみると、ちゃんと拡張されていることが分かります。

拡張後のパーティション状態

もしエラーになってしまった場合は、Factory Image で一度初期化した方がいいかもしれません。私も何回か失敗したので Factory Image で初期化したらうまくできました。

Factory Image での初期化は こちらの記事 を参考にして下さい。

システムパーティションのフォーマット

再起動後、TWRPメニュー画面になったら「Wipe」をタップし、

「Wipe」をタップ

「Format Data」をタップしてシステムパーティションをフォーマットします。余計なファイルが残っているとエラーになる可能性があるので、念のため…

「Format Data」をタップ

キーボードで「yes」と入力するとフォーマットされます。

「yes」を入力

フォーマット中はこんな感じ。

フォーマット中

フォーマットが無事に終わったら、ホームボタンをタップしてTWRPメニュー画面に戻ります。

フォーマット成功

ファイルの転送

TWRPメニュー画面に戻ったら、下記コマンドを使って端末に「lineage-19.0-20211212-UNOFFICIAL-flo.zip」「BiTGApps-arm-12.0.0-R44_signed.zip」を転送します。

adb push D:\Nexus7\lineage-19.0-20211212-UNOFFICIAL-flo.zip /sdcard/
adb push D:\Nexus7\BiTGApps-arm-12.0.0-R44_signed.zip /sdcard/
端末にファイルを転送

インストール

ファイルの転送が終わったら、TWRPメニューの「Install」をタップします。

「Install」をタップ

インストールするファイルを順番に選択していきます。

まず「lineage-19.0-20211212-UNOFFICIAL-flo.zip」を選択します。

「lineage-19.0-20211212-UNOFFICIAL-flo.zip」を選択

BiTGApps も一緒にインストールしたいので「Add more Zips」をタップして一度前の画面に戻り、

「Add more Zips」をタップ

続いて「BiTGApps-arm-12.0.0-R44_signed.zip」を選択します。

「BiTGApps-arm-12.0.0-R44_signed.zip」を選択

最後に「Swipe to confirm Flash」を右にスワイプすると、インストールが開始されます。

インストール開始

インストール中はこんな感じ。

インストール中

インストールが無事に終わったら「Wipe Cache/Dalvlk」をタップしてキャッシュを消します。

インストール成功

キャッシュの削除

「Swipe to Wipe」を右にスワイプするとキャッシュが削除されます。

キャッシュ削除

キャッシュが正常に消せたら「Reboot System」をタップしてシステムを再起動させます。

キャッシュ削除成功

しばらくすると Android 12 (LineageOS 19.0) が起動します。

おわりに

LineageOS 19.0 にアップデートしたのですが、違いがほとんど感じられませんでした。

でも、UIが若干丸っこくなったかな。

最新のタブレットと比べると、スクロールはカクつくし画面遷移も遅いです。

LineageOS 19.0

使えないこともないですが、私が持ってる Nexus7(2013) はバッテリーがほぼ死んでいるので、常に給電して デジタルサイネージ にするぐらいしかないですね。

タイトルとURLをコピーしました