【Python】Cloud Functions ローカル環境で開発 デプロイ

アプリ開発

Cloud FunctionsFirebase Functions って別物だったんですね。知りませんでした。

今回、Python で Functions を作りたかったので、Cloud Functions を使います。

Firebase Functions は JavaScript しか対応していませんでした。

スポンサーリンク

環境

  • Windows 11 Home 21H2 22000.556
  • Python 3.10.1

準備

Google Cloud SDK

Cloud Functions の開発には「Google Cloud SDK」のコマンドが必要なのでインストールします。

次のURL から Google Cloud CLI インストーラー をダウンロードします。

クイックスタート: Google Cloud CLI をインストールする  |  Cloud SDK のドキュメント
Google Cloud CLI インストーラー

ダウンロードした「GoogleCloudSDKInstaller.exe」をインストールすると開発に必要なコマンドが使えるようになります。

GoogleCloudSDKInstaller.exe

インストール

Google Cloud CLI Setup
Google Cloud CLI Setup

「All users」を選択すると「Program Files」にインストールされます。お好みでどうぞ。

Google Cloud CLI Setup
Google Cloud CLI Setup
Google Cloud CLI Setup

インストール完了

Google Cloud CLI Setup
Google Cloud CLI Setup

設定

次のコマンドで初回設定することができます。

gcloud init
gcloud init

Google にログインして初回設定をしていきます。

You must log in to continue. Would you like to log in (Y/n)?

ブラウザからGoogleにログインして連携させます。

This account has no projects.
This account has no projects.
Would you like to create one? (Y/n)?

プロジェクトが無い場合は、ここからプロジェクトの作成に入ります。

Enter a Project ID. Note that a Project ID CANNOT be changed later.
Project IDs must be 6-30 characters (lowercase ASCII, digits, or hyphens) in length and start with a lowercase letter.

これで初回設定は完了です。

作成

Python

Cloud Functions の HTTP関数 を使って、WebAPI を作成します。

まず、次のコマンドで必要なパッケージをインストールします。

pip install flask
pip install functions-framework

次に、新規「main.py」ファイルを作成し、次のコードをコピペします。

from flask import escape
import functions_framework

@functions_framework.http
def hello_http(request):
    request_json = request.get_json(silent=True)

    if request_json and 'name' in request_json:
        name = request_json['name']
    else:
        name = 'World'
    return 'Hello {}!'.format(escape(name))
main.py

デバッグ実行

正しく動くかデバッグ実行してみます。

functions_framework --target=hello_http
functions_framework --target=hello_http

実行すると URL が表示されるので、ブラウザからアクセスします。

ブラウザからアクセス

curlコマンドを使って、POSTデータを投げることもできます。

curl -X POST http://192.168.0.8:8080 -H "Content-Type:application/json"  -d "{\"name\":\"Noita\"}"
curl -X POST http://192.168.0.8:8080 -H "Content-Type:application/json"  -d "{\"name\":\"Noita\"}"

Windowsの場合、JSONをダブルクォートでくくって、なおかつ、ダブルクォートをエンマークでエスケープさせる必要があります。これ気が付くまで結構時間がかかりました。

デプロイ

動作確認ができたら実際にデプロイしてみます。

次のコマンドで Cloud Functions にデプロイすることができます。

gcloud functions deploy hello_http --runtime python39 --trigger-http --allow-unauthenticated --project toriaezu-project
gcloud functions deploy hello_http --runtime python39 --trigger-http --allow-unauthenticated --project toriaezu-project

初回デプロイ時は Cloud Functions が無効になっているので「Y」を入力して有効にさせます。

デプロイに成功した場合、コンソール で確認することができます。

デプロイ成功

デプロイエラー

もし、エラーがでた場合は コンソール にアクセスして原因を探ってください。

ERROR: (gcloud.functions.deploy) OperationError: code=9, message=Failed to initialize region (action ID: 785d4b576734d0df): Cloud storage operation for gcf-sources-20938452933-us-central1 failed as the billing account is not available
ERROR: (gcloud.functions.deploy) OperationError: code=9, message=Failed to initialize region (action ID: 785d4b576734d0df): Cloud storage operation for gcf-sources-20938452933-us-central1 failed as the billing account is not available

今回のエラーは請求情報を登録していなかったため、発生していました。

請求情報登録

関数テスト

デプロイされた WebAPI を実際に叩いて動作確認します。

右の操作をクリックして「関数テスト」を選択します。

関数テスト

トリガータブをクリックすると、デプロイされたURLが分かります。

デプロイされたURL

ブラウザで開くと、デバッグ実行した時と同じ結果が表示されます。

ブラウザで開く

POSTも同様に確認してみてください。

タイトルとURLをコピーしました