【Python】ウマ娘 自動リセマラ周回のやり方

umamusumeAndroid自動操作

巷で話題になっている「ウマ娘

そのウマ娘のスマホゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」のリセマラを自動周回させます。

はじめに

ウマ娘の最終目標である「URAファイナルズ」に出場するため、リセマラを使って出来るだけ有利にスタートダッシュを決めたい。

そのためリセマラを何十回もやって、キャラクターを厳選する必要があります。

1回のリセマラが5分以内で終わるので、そこまで苦じゃないがやっぱり楽をしたい。

そんな私の欲望を叶えるため、ひと肌脱いできました。

目標

この記事を読んで出来ること。

1周する毎にフォルダの中にガチャ結果とデータ連携の結果が保存されて行きます。

1周5分ぐらいかな、たまに失敗してるけど。

ガチャ結果

それぞれのフォルダの中身はこんな感じ。

今の時期だと10連ガチャが7回出来るみたい。

ガチャ結果

あとはガチャ結果がよかったアカウントを、データ連携で戻して最高のスタートダッシュを決めます。

準備

アンドロイド自動操作モジュール

うちのブログのメインコンテンツである「Python で Android ゲーム を自動操作」これを使って、自動リセマラ周回をやって行こうと思います。

もし試される方は事前に、動かせる環境を用意して置いて下さい。

ウマ娘用専用スクリプト

noitaro/python-umamusume
Contribute to noitaro/python-umamusume development by creating an account on GitHub.

上記サイトからをウマ娘用専用スクリプトをダウンロードし、

展開すると「umamusume.py」とテンプレート画像が入っています。

NoxPlayer

今回は NoxPlayer を使います。

マウスやフォーカスを奪われないので、ネットサーフィンをしている裏でリセマラができちゃいます。

実機でも出来るのでお好みでどうぞ。

NoxPlayer を使う場合は 64bitベータ版 を使うことをオススメします。

NoxPlayerをダウンロード

私の環境で試したところアプリ起動時によくクラッシュしていましたが、64bit版を使うようになったら多少改善されました。

まあ落ちる時は落ちるので、気休め程度ですけどね。

解像度 960×540

今回の設定は「解像度 960×540」で作っちゃったので、このサイズでしか上手く動かせません。

タップ位置とか比較画像のサイズを再設定すれば別の端末でも動かせるので、別の端末で動かしたい人はソースの修正が必要です。

解像度 960x540

ウマ娘 チュートリアル

事前にチュートリアルを1回終わらせて、スキップ出来る状態にしておいて下さい。

チュートリアルスキップ

自動リセマラ周回

自動リセマラ周回

ウマ娘用専用スクリプトをダウンロードすると「umamusume.py」が入っています。

ダウンロードと展開が出来たら下記コマンドでライブラリをインストールします。

pip install android-auto-play-opencv

実行前に1箇所 adb.exe のパスを修正する必要があります。

adbpath = 'D:\\Program Files\\Nox64\\bin\\'
adb.exe のパスを修正

それが終わったら実行。

python umamusume.py
python umamusume.py

サポートカードガチャ 2021/04/07:追記

サポートカードガチャに対応しました。

すでに動かしている方は最新版をダウンロードして下さい。

最新の「umamusume.py」をテキストエディタで開いて「159行目、160行目」のコメントを外して下さい。

そうすると、サポートカードガチャを引くようになります。

コマンドプロンプトの開き方は?

エクスプローラーのアドレスバーに「cmd」と入力しエンタキーで開けます。

コマンドプロンプトの開き方
タイトルとURLをコピーしました