USB3.1 Gen2 対応の RAVPower を試す

本体、トラベルポーチ、USB A to C ケーブル、USB C to C ケーブル ガジェット

ハードディスクを取っ払ったことで、容量不足に悩まされ始めました。

低価格で大容量の HDD もいいですが SSD の速度に慣れ親しんでしまうと、もう HDD を使うきにはなれません。

なので、外付けポータブル SSD の「RAVPower」を買いました。

Amazon | 外付けSSD ポータブルSSD RAVPower 512GB Type-C 【PS4/PS4 Pro/Mac対応】 USB 3.1(Gen2) 最大540MB/s MLC採用 暗号化機能付き ライターサイズ RP-UM003 | RAVPOWER | 外付SSD 通販
外付けSSD ポータブルSSD RAVPower 512GB Type-C 【PS4/PS4 Pro/Mac対応】 USB 3.1(Gen2) 最大540MB/s MLC採用 暗号化機能付き ライターサイズ RP-UM003が外付SSDストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商...

使い勝手はどうなの?

外箱はメチャクチャキレイでした。

RAVPower 外

はろー!

RAVPower 内

本体、トラベルポーチ、USB A to C ケーブル、USB C to C ケーブル

本体、トラベルポーチ、USB A to C ケーブル、USB C to C ケーブル

ファイルの出し入れストレスゼロ

とりあえず USB3.1 Gen2 対応ポートに挿して、ファイルの転送速度を調べてみました。

USB3.1 Gen2 対応ポート

ちゃんと既定値の 540MB/s 以上出ています。

USB3.1 Gen2 ポータブル SSD の転送速度

実際にファイルを入れてみても、ポータブル SSD って感じさせないぐらい早かったです。

比較するため、内蔵の SATA SSD の転送速度も調べてみました。

内蔵の SATA SSD の転送速度

こうやって比べると USB3.1 Gen2 ポータブル SSD の速さが尋常じゃないことが分かりますね。サイコー!!

まとめ

ポータブル SSD なのに 内蔵 SSD と同等もしくはそれ以上の性能が、出せることが分かりました。

タイトルとURLをコピーしました