C#

アプリ開発

【C#】List vs HashSet vs Dictionary

繰り返し処理とLinqのパフォーマンステストです。 環境 Windows 10 Home 21H1Visual Studio 2019.NET Core 3.1 繰り返し処理は List型 が一番早い using ...
アプリ開発

【C#】バックグラウンドアプリにキー情報を送る

Win32API を使ってプロセス間通信をやってみたいと思います。 マクロとかBOTとか作ってみたいなと思って、ちょっと調べてて自分なりに使えそうな情報をただまとめただけの記事です。 私の目標はフォーカスを奪われないで処理を実...
アプリ開発

WPF アプリケーションの多重起動を禁止する

C# でアプリケーションの多重起動を禁止するコードを紹介します。 環境 WPF App .NET Core 3.1 使い方 App.xaml.cs の OnStartup関数をオーバーライドして、下記のコー...
アプリ開発

WPF 画面のスクリーンショットを取得する

幅と高さを指定してスクリーンショットを取得する事が出来ます。 using System.Drawing; using System.Drawing.Imaging; using System.IO; using System.Win...
アプリ開発

繰り返し処理を行うヘルパークラス

まず、通常の処理 Httpリクエストをして結果を返すだけの処理。 using System; using System.Net; using System.Net.Http; using System.Threading.Ta...
アプリ開発

WPF WebView2 ローカルファイルを読み込む

WebView2 でローカルファイルを読み込んで、WPFとWebView2でデータの受け渡しを試してみました。 完成形 Blocklyでビジュアルプログラミングをして、JavaScriptを実行してみました。フッター部で Bl...
アプリ開発

WPF WebView2 特定のサイトのみを表示する

WebView2 を使うと、ページ遷移時のリクエスト情報を見る事が出来ます。 なので、その時に遷移して欲しく無いページだった場合キャンセルをすれば、ページ遷移せずに今のページに踏みとどまる事が出来ます。 関連記事 WPF...
アプリ開発

WPF WebView2 開いたページの画像を自動保存する

WebView2 を使うと、開いたページのレスポンス情報を取得する事が出来ます。 レスポンス情報にはHTMLのURLや、画像、Javascript、CSSなど、ホームページに必要な色々なものが流れてくるので、その中から画像のみを自動...
アプリ開発

WPF WebView2 自動ログインを作る

WebView2 を使うと、C#側から Javascript を挿入する事が出来るので、開いたページを Javascript で操作出来ます。 関連記事 WPF WebView2 を試す 目標 ログインボタンを押し...
アプリ開発

WPF WebView2 を試す

WebView2 を使うと、Windowsアプリ に HTML、CSS、JavaScript を埋め込むことができます。 web で培った技術を Windowsアプリ に活かす事が出来るので、とっても魅力的だと思っています。 環境 ...
タイトルとURLをコピーしました