Unity 3Dモデルをアニメーションさせる

3Dモデルのアニメーションをアニメーターパネルにドラッグ ゲーム制作

Unity の勉強がてら 3Dモデルをアニメーションさせます。

3Dモデルのアニメーション

環境

  • Windows 10 Home 20H2
  • Unity 2020.2.0f1

プロジェクト作成

今回は 3Dテンプレート で作成します。

3Dテンプレート

3Dモデル読み込み

まず、Assetsフォルダ内 に3Dモデルを保存する空フォルダを作ります。

空フォルダを作成

今作った空フォルダ(Models)内に、拡張子が「fbx」のファイルをドラッグします。

拡張子が「fbx」のファイルをドラッグ

今回お借りした 3Dモデルは「Lowpoly Cat Rigged + Run Animation 3Dモデル」です。ダウンロードと展開を事前に済ませておきました。

3Dモデル配置

3Dモデルを Unity の3D空間に配置します。

「Assets > Models」フォルダ内の cat_rigged を 左のツリーにドラッグすると配置出来ます。

cat_rigged を 左のツリーにドラッグ

ついでに床も作っちゃいます。

左のツリーで「SampleScene」を選択し、右クリックから「ゲームオブジェクト > 3Dオブジェクト > 平面」を選択し、平面を追加します。

ゲームオブジェクト > 3Dオブジェクト > 平面

ここまで出来たら、試しに実行してみます。

まだ、アニメーションしていないですよ。

試しに実行

アニメーション設定

3Dモデルにアニメーションを設定します。

Modelsフォルダ内で右クリックをして「作成 > アニメーターコントローラー」を作ります。名前は「cat_rigged」にしました。

作成 > アニメーターコントローラー

作ったアニメーターコントローラーをダブルクリックすると、アニメーターパネルが開きます。

3Dモデルのアニメーションをアニメーターパネルにドラッグして、アニメーションを設定します。

3Dモデルのアニメーションをアニメーターパネルにドラッグ

次に、3Dモデルに アニメーターコンポーネント を追加します。

左のツリーで cat_rigged を選択して、インスペクターの「コンポーネントを追加」ボタンを押下。

コンポーネントを追加

「その他 > アニメーター」を選択して、アニメーターコンポーネント を追加します。

その他 > アニメーター

アセットタブのアニメーターコントローラーを選択します。前に作った「cat_rigged」がアニメーターコントローラーです。

アニメーターコントローラーを選択

これで、走るようになりましたがループ設定が出来ていないので、すぐ止まってしまいます。

3Dモデルのアニメーション

ループ設定

アセットの3Dモデル内にあるアニメーションクリップ(Animation Clip)を選択して「Edit」ボタンを押すと、アニメーションの設定を変更することが出来ます。

Animation Clip を選択して Edit ボタンを押す

「時間をループ」にチェックを入れるとアニメーションがループするようになります。

時間をループにチェックを入れる
タイトルとURLをコピーしました