Visual Studio 2019 で Behavior の作り方

C#WPF

Visual Studio 2019 で Behavior を作れなかったので、自分メモしておきます。

はじめに

Visual Studio 2019 で Behavior を作ろうとすると、名前空間が見つからずエラーとなります。

パッケージのインストールを進められますが、WPF の Behavior パッケージじゃないので入れても動きません。

原因

原因は、Visual Studio 2019 から Behavior の名前空間が変わったためです。

Visual Studio 2019 で Behavior を作るには、NuGet を使って「Microsoft.Xaml.Behaviors.Wpf」をインストールする必要があります。

Microsoft.Xaml.Behaviors.Wpf

「Microsoft.Xaml.Behaviors.Wpf」をインストール後、エラー箇所の修正内容を見てみます。

ちゃんと、候補に上がって使えることが分かります。

おわりに

Behavior の名前空間の変更は不親切な気がしました。

候補に上がってくれればいいのに、調べないと解決方法が見つからなかったです。

スポンサーリンク

C#WPF