www 有りアクセスを www 無しアクセスに統一する

ブログ制作

www 有りだろうが www 無しだろうが、同じページが表示されていました。

www.noitalog.tokyo と noitalog.tokyo で別々のサイトと判断されるみたいで、SEO の観点だと評価が別々になってしまうみたいです。

なので、統一することにしました。

www 無しに統一

最近のブラウザは www を隠す傾向があるので、それに乗っ取り www 無しで統一することにします。

私の WordPress は Nginx という Web サーバー で動いているので、nginx.conf に リダイレクト 処理を入れればいいとのことでした。

Nginxにhttpsへのリダイレクト設定する - Qiita
'Google Cloud Platform'で'wordpress with nginx and ssl certified by bitnami'をデプロイして、WordPressを運用する上で、httpからhttpsにリダイレク...

もう少し厳密言うと、Bitnami がパッケージした WordPress を使っているので、nginx.conf を統括している bitnami.conf にリダイレクト処理 を書く必要があるみたいです。

VM インスタンス SSH コンソールを開く

Google Cloud Platform 上の 仮想サーバーで動いているので、コンソールからチマチマ変更します。

面倒くさいけどしょーがない。

コンソール画面のメニューから 「Compute Engine」 の 「VM インスタンス」 を選択します。

SSH を選択します。

コンソールが立ち上がるので下記コマンドを実行します。

sudo vi /opt/bitnami/nginx/conf/bitnami/bitnami.conf

vim 編集の簡単な説明

「i」を押して編集モードに入ります。

ESC キーで編集モードを抜けます。

「:」コロン の後に「w」で、保存。

「:」コロン の後に 「q」で、終了。

「:」コロン の後に 「q」「!」で、保存しないで終了。

変更点

1.「localhost」を「noitalog.tokyo」に変更した。

2.「https://noitalog.tokyo」と「https://noitalog.tokyo」で来たときに、「https://noitalog.tokyo」に飛ばすようにした。

3.よく分かんないけど変更した。多分、「https」のときの処理だと思うんだけど、1と2の変更をしたから、ここも変更が必要だと思う。

変更した後はこんな感じです。

server {
  listen 80;
  server_name noitalog.tokyo;
  return 301 https://noitalog.tokyo$request_uri;
  // 省略
}
server {
  listen 80;
  listen 443;
  server_name www.noitalog.tokyo;
  return 301 https://noitalog.tokyo$request_uri;
}
server {
  listen 443 ssl default_server;
  server_name noitalog.tokyo;
  // 省略
}

おわりに

とりあえず思った通りに動いているので、これ以上は触らないでおきます。

WordPress に移行して、まだ取り戻せていない機能があるので、時間を見つけてちょくちょく改善していけたらいいなと思います。

気長に育てていきます。

タイトルとURLをコピーしました